読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哀愁の灯火

洋楽の和訳 日々の気付き

「The bottom」By Staind 和訳

受験のためにしばらく時間が空いていましたが、再び英訳および和訳の活動を開始します。

今回は Staind というグループの「The bottom」(底)という曲を和訳します。

曲のリンクはこちら
https://youtu.be/cVHbG4BZQAo
f:id:Ryos-sabo:20170317021638p:plain

ーーー 歌詞と和訳 ーーー

You suffocate

You cannot wait for this to just be over

You wanna run and just be done

With what you can't control here

(君は息が詰まって
早くこんなことが
終わってほしいと願ってる

君は逃げ出して、
ここで抱え切れないものに
終わりを告げたいと思ってるんだ)

Don't know what you're thinking

This ship is sinking

(君は自分の考えが分からずに

船は沈んでいく)


I'll meet you at the bottom

The waves can't wash away all the scars you bare

See you at the bottom

You just hold on to the things that keep you there

(沈み切った底で会おう

波は君の抱える傷を
洗い流せやしない

地の底で君に会おう

君はその中で
ただもがき続けるんだ)


You suffer the cost when all this is lost

It just doesn't make sense to go there

All the hate that your fear

It slowly appears back into your life no control

(全てが無駄になった時
君はその代償に苦しむんだ

そこに行ったって
なんの意味なんてない

君の恐れる
人々の憎悪は

じわじわと
確実に君の人生を侵していく)

Don't know what you're thinking

This ship is sinking

(君は自分の考えが分からないまま

この船は沈んでいく)

I'll meet you at the bottom

The waves can't wash away all the scars you bear

See you at the bottom

You just hold on to the things that keep you there

(沈み切った底で君に会おう

波は君の抱える傷を
洗い流してはくれない

地の底で君に会おう

君はそこで
ただもがき続けるんだ)

Fight

Just fucking stand for something

Lie

You'll never take us all

You never get it right

You never get it right

We'll always stand and fight

You never get it right

It's cold down here at the bottom

(戦え

望みのために立ち上がるんだ

嘘だ

君は僕らを
そそのかせやしない

君には分かりやしない

君には分かりやしない

僕らはいつだって
立ち上がり戦うんだ

君に分かりやしない

この地の底は冷たいんだ)

I'll meet you at the bottom

The waves can't wash away all the scars you bear

See you at the bottom

You just hold on to the things that keep you there

(沈み切った底で君に会おう

波は君の抱える傷を
洗い流せやしない

地の底で会おう

君はそこで
ただもがき続けるのさ)

「You and me」By Lifehouse(ライフハウス) 和訳

恋って不思議な感情ですよね。

どんなに無気力であっても、
その人に会うだけで全てが希望に満ちて
見えるようになったりします。

この曲は、
そんな純粋な思いの歌です。

僕もこの曲を聴いて、
少し懐かしくなりました :)

ミュージックビデオ
https://youtu.be/ac3HkriqdGQ
f:id:Ryos-sabo:20161207012453p:plain


ーーー Original lyrics + 和訳 ーーー

What day is it.

And in what month?

This clock never seemed so alive.

I can't keep up, and I can't back down.

I've been losing so much time.

(今日は何日の何月なんだろう?

止まっていた時計が、
生き生きとし始めたんだ。

追いつくこともできないし、
戻ることもできないよ。

多くの時間を失ってきてしまった。 )

'Cause it's you and me.

And all of the people with nothing to do.

Nothing to lose.

And it's you and me.

And all the other people.

And I don't know why.

I can't keep my eyes off of you.

(だってここには君と僕、

そして他の人達が、

目的もなく存在してる

そして失うものもない

ここには君と僕、
そして他の人達がいる

でも分からないんだ、
何故君から目を離せないのか…)

Why are the things that I want to say,

Just aren't coming out right?

I'm tripping on words.

You got my head spinning.

I don't know where to go from here.

(どうして言いたい言葉が、
ちゃんと出てこないんだろう

どうしても詰まってしまうから

僕の頭が君に翻弄されるんだ

ここ以外に行く場所なんて、
分からないよ)

'Cause it's you and me.

And all of the people with nothing to do.

Nothing to prove.

And it's you and me.

And all other people.

And I don't know why.

I can't keep my eyes off of you.

(だってここには君と僕、

そして他の人達が、

目的もなく存在している

確かなものもない

ここには君と僕、

そして他の人達がいる

なのに分からないんだ、
何故君から目を離せないのかが)

Something about you now.

That I can't quite figure out.

Everything she does is beautiful.

Everything she does is right.

(君のことが僕は、
知りたくて堪らない

彼女の行動全てが美しく、
全てが正しいんだ)

'Cause it's you and me.

And all of the people with nothing to do.

Nothing to lose.

And it's you and me and all of the people.

And I don't know why.

I can't keep my eyes off of you and me.

And all the other people with nothing to do.

Nothing to prove.

And it's you and me and all the other people.

And I don't know why.

I can't keep my eyes off of you.

(だってここには君と僕、

そして他の人達が、

目的もなく存在してる

失うものもない

ここには君と僕、
そして他の人達がいる

なのに分からないんだ、
どうして君から目を離せないのかが

ここには他の人達が、
目的もなく生きている

確実なものもない

ここには君と僕、
そして他の人達がいる

なのに分からないんだ

何故君から目が離せないのかが)

What day is it.

And in what month?

This clock never seemed so alive.

(今日は何月の、何日なんだろう?

止まっていた時計が
動き始めたんだ)

「Gone Gone Gone」By Phillip Phillips(フィリップ・フィリップス) 和訳

フィリップ・フィリップスは本当に
愛に溢れた人間だと思います。

彼の書く曲からはどれも
強い包容力や優しさを感じます。

ただ、世間はどうしても暗い曲に走りがちなため、彼の真っ直ぐな愛に目が行かず、
評価されにくいのも事実です。

しかし、そんな彼にも
暗い側面を持つ曲も存在します。

それが今回の曲です。

この曲は、歌詞中に何度も
「I love you long after you're gone」
”君がいなくなっても、
僕は君を愛し続けよう”

というフレーズが繰り返されます。

この曲は、愛する人の死に対して書かれた曲であり、深い喪失感が含まれているんです。

そんな曲であるにも関わらず、
彼は高らかに歌いあげます。

そして僕は、
それこそが彼の1番の魅力だと思います。

どんなに暗い日々の中でも希望と愛を与えられる存在

それがフィリップ・フィリップスなんです。

ミュージックビデオ
https://youtu.be/oozQ4yV__Vw
f:id:Ryos-sabo:20161128213932p:plain

ーーーOriginal lyrics + 和訳版 ーーー

When life leaves you high and dry,

(”人生”が君を見捨てて
孤独を感じた時、)

I'll be at your door tonight if you need help,
if you need help.

(君が望むなら僕は、
今夜君の家の前にいるよ)

I'll shut down the city lights,

(街の灯りを消し去って、)

I'll lie, cheat, I'll beg and bribe to make you well, to make you well

(君が幸せになるなら、
僕はどんなに汚れても構わない)

When enemies are at your door I'll carry you way from war.

(誰かが君を苦しめるのなら、
僕がそこから引き離してあげるよ)

If you need help, if you need help.

(君が望むなら、君がそうして欲しいなら)

Your hope dangling by a string,

(”希望”にすら頼れなくなってしまったら、)

Ill share in your suffering to make you well,
to make you well.

(僕も君の苦しみの中に居させてほしいんだ。
君が幸せになるように
君を幸せにするために)

Give me reasons to believe,
That you would do the same for me.

(だから僕に信じさせてほしい。
君も僕に、同じ事をしてくれるんだって)

And I would do it for you, for you.

(僕もそうしていたいから
君のために ただ君のために)

Baby I'm not moving on.

(僕はどこにも行かないよ)

I love you long after you're gone.

(君がいなくなっても、
僕は君を愛し続けるから)

For you, for you.

(君のために ただ君のために)

You would never sleep alone.

(君はもう独りで眠らなくていい)

I love you long after you're gone.

(君がいなくなっても、
僕は君を愛し続けるから)

And long after you're gone, gone, gone.

(君がいなくなっても…)


When you fall like a statue,

(君が銅像みたいに固まって
落ちて行ったら、)

I'm gon' be there to catch you,
Put you on your feet, you on your feet.

(僕が捕まえて、
ちゃんと歩かせてあげるから
君の足で)

And if your well is empty,

(君の心に虚しさが押し寄せてきたら、)

Not a thing will prevent me.

(僕を妨げるものはないから)

Tell me what you need,
what do you need?

(何が必要か、教えてほしいんだ)

I surrender honestly.

(素直に認めるよ)

You've always done the same for me.

(君はいつだって僕に、
同じことをしてくれた)

So I would do it for you, for you.

(だから僕も、同じようにしたいんだ)

Baby I'm not moving on.

(僕はどこにも行かないよ)

I love you long after you're gone.

(君がいなくなっても、
僕は君を愛し続けよう)

For you, for you.

(君のために ただ君のために)

You would never sleep alone.

(君はもう独りで眠らなくてもいい)

I love you long after you're gone.

(君がいなくなっても、
僕は君を愛し続けるから)

And long after you're gone, gone, gone.

(君がいなくなってしまっても…)


You're my back bone,

(君は僕の中心であり、)

you're my cornerstone.

(僕の基礎なんだ)

You're my crutch,
when my legs stop moving.

(僕が動けなくなっても、
君が杖になってくれる)

You're my headstart,

(君が僕の魂に火を点け、)

you're my rugged heart.

(僕の心を強くしてくれる)

You're the poulse that I've always needed.

(君こそが、僕が求めていた鼓動なんだ)


Like a drum baby don't stop beating.

(ドラムのように 脈を打って)

Like a drum baby don't stop beating.

(ドラムのように 脈を打って)

Like a drum baby don't stop beating.

(ドラムのように 脈を打って)

Like a drum my heart never stops beating.

(ドラムのように 僕の心臓は止まらないんだ)

For you, for you.

(君のために ただ君のために)

Baby I'm not moving on.

(僕はどこにもいかないよ)

I love you long after you're gone.

(君がいなくなっても、
僕は君を愛し続けるから)

For you, for you.

(君のために ただ君のために)

You would never sleep alone.

(もう独りで眠らなくていい)

I love you long after you're gone.

(君がいなくなっても、
僕は君を愛し続けよう)

For you, for you.

(君のために ただ君のために)

Baby I'm not moving on.

(僕はどこにも行かないよ)

I love you long after you're gone.

(君がいなくなっても、
僕は君を愛し続けるから)

For you, for you.

(君のために ただ君のために)

You would never sleep alone.

(君はもう独りで眠らなくていい)

I love you long, long after you're gone.

(君がいなくなっても、
僕は君を愛し続けるから)


Like a drum baby don't stop beating.

(ドラムのように 脈を打って)

Like a drum baby don't stop beating.

(ドラムのように 脈を打って)

Like a drum baby don't stop beating.

(ドラムのように脈を打って)

Like a drum my heart never stops beating for you.

(ドラムのように 僕の心臓は止まらないんだ)


And long after you're gone, gone, gone.

(君がいなくなっても…)

I love you long after you're gone gone gone.

(君がいなくなろうとも僕は、
君を愛し続けるから…)

「Hey Jude」By the Beatles(ビートルズ) 和訳

友人からリクエストをいただいた為、今回初めてビートルズの曲を和訳します。

この曲は度々耳にする事はあったのですが、
歌詞まではよく知りませんでした。

近い内に彼らの「Across the universe」なども和訳したいと思います。

ミュージックビデオ
https://youtu.be/A_MjCqQoLLA
f:id:Ryos-sabo:20161128003728p:plain

ーーー 和訳版 + Original lyrics ーーー

Hey Jude, don't make it bad.

(なぁジュディ、あまり落ち込むなよ)

Take a sad song and make it better.

(悲しい曲でも流して、元気出せよ)

Remember to let her into your heart.

(彼女をお前の心で受け止めるんだ)

Then you can start to make it better.

(そうすりゃまた元気になるさ)


Hey Jude, don't be afraid.

(なぁジュディ、そんなに怖がるなよ)

You were made to go out and get her.

(お前が彼女を手に入れたんだから)

The minute you let her under your skin,

(彼女を包み込んだ瞬間、)

Then you begin to make it better.

(お前の心も晴れるから)


And anytime you feel the pain, hey Jude, refrain.

(苦しみを感じる時があれば、
抱え込むことはない)

Don't carry the world upon your shoulders.

(独りで世界を背負い込むようなこと
しなくたっていい)

For well you know that it's a fool who plays it cool,

(そうやってクールでいる必要はないって
分かってるはずだろ)

By making his world a little colder.

(それがお前の世界までクール《冷たく》にしてしまうんだから)

Nah nah nah nah nah nah nah nah nah


Hey Jude, don't let me down.

(なぁジュディ、
あんまりがっかりさせんなよ)

You have found her, now go and get her.

(お前が彼女を見つけたんだから)

Remember to let her into your heart.

(お前の心で彼女を受け止めれば、)

Then you can start to make it better.

(お前の心だって晴れていくはずさ)


So let it out and let it in, hey Jude, begin.

(どんな思いも話して、受け入れてみるんだ)

You're waiting for someone to perform with.

(お前は自分の思いを伝えてくれる
誰かを待ってるんだろう)

And don't you know that it's just you, hey Jude, you'll do.

(それはお前でしかないんだ、ジュディ
お前がやるんだ)

The movement you need is on your shoulder.

(お前の望みは、その心の中にあるのさ)

Nah nah nah nah nah nah nah nah nah yeah


Hey Jude, don't make it bad.

(なぁジュディ、あんまり落ち込むなよ)

Take a sad song and make it better.

(悲しい曲でも流して、元気だそう)

Remember to let her under your skin.

(彼女をお前の腕で包み込むんだ)

Then you'll begin to make it
Better better better better better better

(そうすりゃ、お前の心も晴れるんだから)


Nah nah nah nah nah nah, nah nah nah, hey Jude

Nah nah nah nah nah nah, nah nah nah, hey Jude

Nah nah nah nah nah nah, nah nah nah, hey Jude

「Home」By Phillip Phillips(フィリップ・フィリップス) 和訳

人は不思議なもので、
例え常に誰かと一緒にいても孤独感を感じ、
むしろその存在が苦痛になる事があります。

恐らくそれは、相手に理解され、
それを認められたいからだと思います。

いくら孤独でも、自分を理解してくれない人といても満たされる事はありませんし、

逆に理解されても、
否定してくる人といるのは更に苦痛です。

そうした思いを抱かせることのない人と過ごす時間や場所が、僕達には必要です。

どんな時も優しく見守り、受け入れる。

それは愛の一つであり、
この曲の「居場所(Home)」にもなるのです。

ミュージックビデオ
https://youtu.be/HoRkntoHkIE
f:id:Ryos-sabo:20161126133110p:plain

ーーーOriginal lyricsーーー

Hold on, to me as we go.

As we roll down this unfamiliar road.

And although this wave is stringing us along.

Just know you’re not alone,

'Cause I’m going to make this place your home.


Settle down, it'll all be clear.

Don't pay no mind to the demons.

They fill you with fear.

The trouble it might drag you down

If you get lost, you can always be found.

Just know you’re not alone,

'Cause I’m going to make this place your home.


Settle down, it'll all be clear

Don't pay no mind to the demons.

They fill you with fear.

The trouble it might drag you down.

If you get lost, you can always be found.

Just know you’re not alone,

'Cause I’m going to make this place your home.


ーーー和訳版ーーー

旅に行くなら、僕に掴まって。

一緒にこの知らない道を、
転がって行くのさ。

この波に、僕らは翻弄されもするけど

分かっていてほしいんだ
君は独りじゃないんだってことを。

僕がここを、
君の居場所にしてあげるから。


大丈夫、きっと全て見えてくるよ。

悪魔に心を委ねたらだめだ。

奴らは君を、怖がらせるだけなんだ。

落ち込む事もあるだろう。

でももし迷っても、
いつだって答えは見つかるよ。

君は独りじゃないんだと、
分かっていてほしい。

僕がここを、君の居場所にしてあげるから。


大丈夫、全ては見えてくるさ。

悪魔に心を委ねたらだめだ。

奴らは君を怖がらせるから。

落ち込む時もあるだろう。

でももし迷っても、
いつだって答えは見つかるさ。

分かっていてほしいんだ、

君は独りじゃないんだって事を。

僕がここを、
君の居場所にしてあげるから。

「Cancer」By Twenty One Pilots (トゥエンティ・ワン・パイロッツ) 和訳

愛する人と死別するのは、とても辛い事だと思います。

どんなに誰かと幸せな人生を送りたいと願っても、それはいつも約束されたものではありません。

この曲は題名からも分かる通り、
「Cancer(ガン)」により
そんな運命に向き合う人を描いた曲です。

一部あまりに生々しい部分もあり、
ただただ悲しい曲ですが、
僕は美しいと感じました。

ミュージックビデオ
https://youtu.be/yw6i1SAHetc
f:id:Ryos-sabo:20161124220917p:plain

ーーー Original lyrics ーーー

Turn away.

If you could get me a drink,
Of water 'cause my lips are chapped and faded.

Call my aunt Marie.

Help her gather all my things.

And bury me in all my favorite colors.

My sisters and my brothers, still

I will not kiss you,

'Cause the hardest part of this is leaving you


I will not kiss you (kiss you).

Lips are chapped and faded.

Call my (turn away)

Lips are chapped and faded (faded).

Kiss you (kiss you)

Lips are chapped and faded.

Call my (turn away)

Lips are chapped and faded (faded)


Turn away.

'Cause I'm awful just to see.

And all my hairs abandoned all my body.

All my agony.

Know that I will never marry.

Baby, I'm just soggy from the chemo.

I'm counting down the days to go.

This just ain't livin'

And I just hope you know


I will not kiss you (kiss you).

Lips are chapped and faded.

Call my (turn away)

Lips are chapped and faded (faded).

Kiss you (kiss you).

Lips are chapped and faded.

Call my (turn away)

Lips are chapped and faded (faded).


If you say (if you say),

Goodbye today (goodbye today),

I'll ask you to be true (I'll ask you to be true),

'Cause the hardest part of this is leaving you.

Yes, the hardest part of this


I will not kiss you (kiss you).

Lips are chapped and faded.

Call my (call my)

Lips are chapped and faded (faded).

Kiss you (kiss you)

Lips are chapped and faded.

Call my (call my)

Lips are chapped and faded (faded)



ーーー 和訳版 ーーー

水を持って来てくれないか。

そしたら、僕の姿は見ないでほしい。

唇が荒れて、薄れてしまったから。

マリー叔母さんを呼んで。

僕の荷物をまとめるのを、
手伝ってあげて。

そして僕を、
お気に入りの色で葬ってほしい。

僕の兄弟達…。

キスはできないよ。

1番辛いのは、
君達と別れなきゃいけないことだから。


キスはしないよ。

唇が荒れて、薄れている。

彼女を呼んで…

唇が荒れて、薄れているんだ。

キスをしたいよ…

唇が荒れて、薄れているんだ。

彼女を呼んで…

唇が荒れて、薄れている。


僕の姿を、見ないでほしい。

きっと見てるだけで
辛いだろうから。

髪は全部、抜け落ちてしまった。

苦しくて仕方ないよ。

僕はもう、結婚なんてできない。

大丈夫、ただ機械に繋がれて
疲れてるだけさ。

逝くまでの日を数えてるんだ。

これでも僕は生きているらしい。

君が分かってくれることを
願っているよ。


キスはしないよ。

唇が荒れて、薄れている。

彼女を呼んで…。

唇が荒れて、薄れているんだ。

キスをしたいよ。

唇が荒れて、薄れているんだ。

彼女を呼んで…

唇が荒れて、薄れている。


もし君が今日
僕にさよならを言うなら、

どうかその思いが
本物であってほしいんだ。

一番辛いのは、
君と別れなきゃいけないことだから。

一番辛いことなんだ。


君にキスはしないよ。

唇が荒れて、薄れている。

彼女を呼んで…。

唇が荒れて、薄れているんだ。

キスをしたいよ…。

唇が荒れて、薄れているんだ。

彼女を呼んで…。

唇が荒れて、薄れているんだ…。

「Signal fire」By Snow Patrol (スノウパトロール) 和訳

スノウパトロール(Snow Patrol)の曲は、その名前とは裏腹に、
全体的にとても暖かく、優しい曲が多いと思います。

僕が彼らを好きになったのも、
そんな彼らの曲に惹かれたからです。

特に今回和訳する「Signal fire」は、
僕が彼らを知るきっかけになった曲であり、

同時に彼らの曲の中でとてもお気に入りの一曲でもあります。


この曲がテーマソングとして使われた
映画「スパイダーマン3」は、
「許し」が大きな題材となっています。

ピーターが自分自身を許し、

ピーターが恨みを抱く相手を許し、

最後は傷付けてしまった友人から許される。

そしてこの曲にも、
ある部分で「許し」というフレーズが使われています。


スパイダーマン3はとても不評でしたが、
「許し」をテーマとした映画としてはかなり良い作品だったと思います。

人はどんなに恨みを抱いている相手でも、
理解し、許す事で救われるのです。

何故なら、それは互いが同じ人間であるから。

そうする事で、本当の愛へと繋がっていくのです。

そしてその映画のテーマとして、
この曲は大きくマッチしていたと思います。

また、傑作であるスパイダーマンシリーズを締めくくる音楽としてこの曲が選ばれ、
とても誇らしいと感じました。


曲自体とは関係ないですが、ミュージックビデオに登場する蜘蛛役の男の子がとても可愛いです :)
http://youtu.be/11KD3gN6Bus
f:id:Ryos-sabo:20150814000409j:plain

ーーーOriginal lyricsーーー

The perfect words never crossed my mind,

'Cause there was nothing in there but you.

I felt every ounce of me screaming out.

But the sound was trapped deep in me


All I've wanted just sped right past me.

While I was rooted fast to the earth.

I could be stuck here for a thousand years,

Without your arms to drag me out.


There you are standing right in front of me.

There you are standing right in front of me.

All this fear falls away to leave me naked.

Hold me close cause I need you to guide me to safety.

No, I won't wait forever.

No, I won't wait forever.


In the confusion and the aftermath,

You are my signal fire.

The only resolution and the only joy,

Is the faint spark of forgiveness in your eyes.


There you are standing right in front of me.

There you are standing right in front of me.

All this fear falls away to leave me naked.

Hold me close cause I need you to guide me to safety.


There you are standing right in front of me.

There you are standing right in front of me.

All this fear falls away to leave me naked.

Hold me close cause I need you to guide me to safety.


No, I won't wait forever

No, I won't wait forever

No, I won't wait forever…

ーーー和訳版ーーー

キザな言葉なんて浮かばない。

あの時、目に写る君の姿が、
僕を黙らせてしまったから。

僕の中で何かが叫んでいるのを聞いても、
それを抑え込む事しかできなかった。

この星の上で突っ立っていたら
僕の望んだ物は全部、
得られることのなく、
ただ横を通り過ぎて行ってしまった。

君が僕に手を差し伸べてくれなかったなら、
きっと僕は、1000年も動けなかったのかもしれない。

すぐそばで 君は僕の前に立っている。

君はそこで 僕の前に立っている。

この恐れの全ては
僕を裸にして崩れ落ちて行くんだ。

恐怖も悲しみも忘れさせる、
その君の腕で僕を包んで欲しいんだ。

僕は永遠には待たないから。

僕は永遠に待っていたくはないから。


この混乱と余波の中で
君は僕の灯火(シグナルファイア)だ。

唯一の答えと喜びは、
君の瞳に映る 許しの明かりなんだ。


すぐそばで 君は僕の前に立っている。

君はそこで 僕の前に立っているんだ。

この恐れの全ては
僕を裸にして崩れ落ちて行くんだ。

恐怖も悲しみも忘れさせる、
その君の腕で僕を抱きしめてほしいんだ。


すぐそばで 君は僕の前に立っている。

君はそこで 僕の前に立っているんだ。

この恐れの全ては
僕を裸にして崩れ落ちて行くんだ。

恐怖も悲しみも忘れさせてくれる、
その君の腕で僕を包んでほしいんだ。


僕は永遠に待ってはいないから。

僕は永遠に待ってはいないから。

僕は永遠に待っていたくはないから。