読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哀愁の灯火

洋楽の和訳 日々の気付き

「Hey Jude」By the Beatles(ビートルズ) 和訳

友人からリクエストをいただいた為、今回初めてビートルズの曲を和訳します。

この曲は度々耳にする事はあったのですが、
歌詞まではよく知りませんでした。

近い内に彼らの「Across the universe」なども和訳したいと思います。

ミュージックビデオ
https://youtu.be/A_MjCqQoLLA
f:id:Ryos-sabo:20161128003728p:plain

ーーー 和訳版 + Original lyrics ーーー

Hey Jude, don't make it bad.

(なぁジュディ、あまり落ち込むなよ)

Take a sad song and make it better.

(悲しい曲でも流して、元気出せよ)

Remember to let her into your heart.

(彼女をお前の心で受け止めるんだ)

Then you can start to make it better.

(そうすりゃまた元気になるさ)


Hey Jude, don't be afraid.

(なぁジュディ、そんなに怖がるなよ)

You were made to go out and get her.

(お前が彼女を手に入れたんだから)

The minute you let her under your skin,

(彼女を包み込んだ瞬間、)

Then you begin to make it better.

(お前の心も晴れるから)


And anytime you feel the pain, hey Jude, refrain.

(苦しみを感じる時があれば、
抱え込むことはない)

Don't carry the world upon your shoulders.

(独りで世界を背負い込むようなこと
しなくたっていい)

For well you know that it's a fool who plays it cool,

(そうやってクールでいる必要はないって
分かってるはずだろ)

By making his world a little colder.

(それがお前の世界までクール《冷たく》にしてしまうんだから)

Nah nah nah nah nah nah nah nah nah


Hey Jude, don't let me down.

(なぁジュディ、
あんまりがっかりさせんなよ)

You have found her, now go and get her.

(お前が彼女を見つけたんだから)

Remember to let her into your heart.

(お前の心で彼女を受け止めれば、)

Then you can start to make it better.

(お前の心だって晴れていくはずさ)


So let it out and let it in, hey Jude, begin.

(どんな思いも話して、受け入れてみるんだ)

You're waiting for someone to perform with.

(お前は自分の思いを伝えてくれる
誰かを待ってるんだろう)

And don't you know that it's just you, hey Jude, you'll do.

(それはお前でしかないんだ、ジュディ
お前がやるんだ)

The movement you need is on your shoulder.

(お前の望みは、その心の中にあるのさ)

Nah nah nah nah nah nah nah nah nah yeah


Hey Jude, don't make it bad.

(なぁジュディ、あんまり落ち込むなよ)

Take a sad song and make it better.

(悲しい曲でも流して、元気だそう)

Remember to let her under your skin.

(彼女をお前の腕で包み込むんだ)

Then you'll begin to make it
Better better better better better better

(そうすりゃ、お前の心も晴れるんだから)


Nah nah nah nah nah nah, nah nah nah, hey Jude

Nah nah nah nah nah nah, nah nah nah, hey Jude

Nah nah nah nah nah nah, nah nah nah, hey Jude